So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今年の茶摘み風景です。 [紹介]

037.jpg二人用可搬型摘採機による新茶の摘み取りです。
昭和40年代に実用化して現在最も普及しています。茶畝を挟んで2人で機械を持ちながら摘採していきます。「バリカン式」とも「可搬型」とも言われます。二人の呼吸をぴったり合わせることが肝心です。効率は手鋏の数倍にあがります。摘採機には、エンジンと送風機が付いていて、刈り取られた茶芽は、風で袋の中に入るようになっています。この可搬型摘採機は見た目より重く、かなりの重労働です。
nice!(0)  コメント(0) 

「かぶせ茶」の茶畑です。 [紹介]

DSC_0119.jpg「かぶせ茶」は黒色や銀色の寒冷紗などの遮光幕で茶樹を覆う覆下法によっ栽培されます。遮光期間は玉露などより短く、摘採前の一週間前後になります。普通の煎茶などと違い、色や味も特徴的なお茶になります。詳しくは http://www.shizuokaen.net/green/o_hifuku.html
nice!(1)  コメント(0) 

掛川市東山地区の新茶の茶畑風景です。 [紹介]

kakegawa1.jpg静岡県の西部に位置する掛川市は全国にも知れた緑茶の一大産地です。その中でも優秀な「深蒸し茶」の生産として有名な掛川市の東山地区です。小高い丘からのショットです。写真は4月末の撮影です。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年の静岡県掛川産の新茶が届きました。 [紹介]

DSC_0343.jpg2018年産の静岡県の掛川新茶が届きました。今年は天候にも恵まれてバランスの良いお茶に仕上がりました。写真は深蒸しの新茶ですので見た目の形状はよくありませんが、上品な初夏の香りを感じていただけます。
nice!(0)  コメント(0) 

弊店の主力取引先の掛川の新茶が始まりました。 [紹介]

弊店の主力仕入れ先、静岡県の掛川茶市場で新茶の初取引が行われました。今年は霜の被害も少なく、良質のお茶が期待されます。市場開きと、新茶の摘み取り間近の茶畑の写真を紹介します。
DSCN0061.jpgDSCN0102.jpg240.jpg

JA掛川市で世界農業遺産登録の掛川茶が発売されました。 [他社製品]

世界農業遺産記念掛川茶2品のコピー.jpg
静岡県のJA掛川市で来年に向けて世界農業遺産に登録された「茶草場農法」で生産された深蒸し製法の掛川茶2品が発売されました。

こんぶ茶の「玉露園」からプレミアム昆布茶が発売されました。 [他社製品]

プレミアム昆布茶.jpg
あの赤い缶のパッケージでおなじみのこんぶ茶の「玉露園」から創業100周年を記念して特別な特別な "プレミアム昆布茶" を数量限定で発売しました。
お問い合わせはhttp://www.shizuokaen.net/green/autores/form4.html

粉末緑茶が口臭防止に役立つ [紹介]

IMG_0608a.jpg
NHKの「ためしてガッテン」で粉砕緑茶(粉末緑茶)が口内フローラを改善して口臭防止に役立つ内容が紹介されました。これから風邪の季節で、粉末緑茶をお湯に溶かして、うがいすると良いことも合わせて紹介されました。まさに緑茶パワーと云うかカテキンパワーです。
ためしてガッテン
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161130/index.html
粉末緑茶
http://www.shizuokaen.net/green/s_funmatu_powder.html

当店のロゴマークが変わりました。 [紹介]

logo_so.jpg
当店(合資会社 静岡園)のロゴマークが変わりました。明るいお茶屋さんを目指して頑張ります。どうぞ宜しくお願いします。ロゴマークは茶畑をモチーフにしてグラデーションで未来志向を表現しています。

掛川市の茶園の定点萌芽調査の報告です。 [紹介]

定点萌芽状況3_25137.jpg
茶処の静岡県掛川市の茶園の第一回定点萌芽調査の報告です。本年の2月の平均気温は、やや高めに推移したものの、寒暖の差が大きく、3月に入っても同じ状況です。調査した茶園の園相は全体的に良好ですが、新芽の生育は夜間から朝方に掛けての冷え込みにより、昨年より遅れています。「さえみどり」などの早生品種は順調に生育していますが、今年は特に遅霜に備える必要があります
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます